小川聡クリニック

院長の独り言

第9回心房細動にカテーテル・アブレーションを勧められたら?

(1)アブレーション治療が必要な心房細動はどのくらいある?
(2)coming soon! 
*12月中旬頃掲載予定

アブレーション実施のためのガイドラインはどう変わったか?
(3)coming soon!
心房細動治療にカテーテル・アブレーションを勧められたら?
(4)coming soon!
無症状の心房細動へアブレーション治療〜受けますか?
(5)coming soon!
小川聡クリニックでの心房細動治療の実態

(1)アブレーション治療が必要な心房細動はどのくらいある?

赤坂で開業して7年目を迎えますが、Apple Watchで心電図を記録できるアプリの普及もあって、心房細動と診断されて、その治療で相談に来院される方が急増しています。特に気になるのが、カテーテル・アブレーションによる治療を勧められてセカンドオピニオンを求めて来られるケースが多いことです。心房細動の治療選択肢に幾つかある中で、アブレーションを必要とする患者さんがどの位居るかは、受診先の医療機関の規模、医師の専門性、地域性などによって異なる可能性があります。ごく一般的な開業医の中でも「不整脈」を標榜し、心房細動治療もその一つとしている当クリニックの実態をご紹介したいと思います。

この6年間で当クリニックを受診された心房細動患者さんは計341例(男性256例、女性85例)でした。発作が出て1週間以内に自然に治まる「発作性心房細動」と、それ以上持続する「持続性/慢性」心房細動に分けてみると、夫々252例、89例でした。特に多い発作性心房細動例の受診理由をみると(表1)、大部分は治療を目的とし、一部は診断目的での来院でしたが、何と33%の83例もが「アブレーション治療が必要と言われたため」でした。この中にはすでにアブレーションを施行された後の相談(20例)も含みます。心房細動と言う診断名を知らされたのも初めてで、「直ぐに入院してアブレーションしないと危ないですよ!」と担当医に言われてさらにショックを受けた方達です。多くは、その後で心房細動のことをネットで検索しているうちに、「灼かずに治す心房細動」と謳ってる私のクリニックHPにたどり着いて来院された方達です。

表1

発作性心房細動例の受診理由

こうして来院された83例への私の初診時の判断は以下のように分かれました。
(a)先ずは薬物治療で対応すべき(55例)
(b)アブレーションが必要(11例)
(c)アブレーションの必要はなく経過を見るだけでよし(17例)

(a)「先ずは薬物治療で対応すべき」で一番多いのは、動悸のために近医を受診して初めて「心房細動」と診断されたり、Apple Watchで動悸の時の心電図を記録したら「心房細動」と表示されて慌てて駆け込んだら、「大変です。直ぐアブレーション治療を受けないと!」と言われた方たちです。しかも多くは最初の診察時にそう言われています。全体の66%を占めます。抗凝固療法が必要な方もいますが、先ずは抗不整脈薬で治せると判断しました。中には、薬を始めても効果が不十分で、途中でアブレーションを勧めた方もいらっしゃいます。

(b)「アブレーションが必要」と判断したのは、既に他の医療機関で薬物療法が行われていて、発作が十分抑えきれず、なお自覚症状が強いため生活に支障が出てる方達が中心です。全体のわずか16%でしたがアブレーションをお勧めしました。中にはこれ迄の抗不整脈薬の使い方が十分でなく、他の薬を試してからでも遅くはないと判断し、治療しているうちに治ってしまった方もいらっしゃいます。

(c)「アブレーションの必要はなく経過を見るだけでよし」の多くは、健康診断で初めて「心房細動」と診断された方で、自覚症状も余りはっきりしない、あるいは良く問診しても全く無症状の方達です。そういう方には、勿論アブレーションを急ぐ必要はなく、まずは脳梗塞の発症リスクを評価した上で、抗凝固薬が必要かどうかを判断します。「発作性」とはそもそも放置しても大体は24時間以内、長くても1週間以内に自然停止するものなので、多くの方は当クリニック受診時には正常調律に戻っています。初めて発症した心房細動の半数はその後の1年間は再発しないと言われており、慌てて治療(予防)する必要はありません。そのまま経過を見ていけば良い方達です。でもそういう方にまでアブレーションが勧められてしまってるという現実が見て取れます。

この6年間の診療で、「アブレーション治療をすぐ受けないと!」と勧められた83例の中で、実際に私もそうしたら良いと判断したのは僅か11例(16%)でした。発作性心房細動の相談で受診された全252例の中でも、色々な対応をしても改善せず、最終的にアブレーションを専門機関に依頼したのは計32例、12.7%でした。他の方たちは、薬物療法あるいは経過観察をしている中で通常の社会生活を何の支障なく送られています。ただし、この中には、アブレーション施行後にそれ迄の発作から完全に解放され、充実した社会生活に復帰されている方も多く含まれます。闇雲に薬物療法に固執することなく、病状や薬の効果を見極めて、時を逸せず的確な判断をすべきと常々心して診療にあたっています。